ARCHIVES

【活動紹介】紫野高等学校の授業プログラム

2013.12.18

EDUCATION

概要

京都市立紫野高等学校では、「創造」的な学校文化の担い手として生徒の「創造性」を高める授業プログラムを展開している。2013年8月、その一環として、ACOPの実践を参考にしたワークショップが実施された。今回のプログラムには、京都造形芸術大学ASP学科を卒業し、本センターのリサーチアシスタントでもある渡川智子(京都大学大学院修士課程在籍)が参加。

 

各ワークショップは、生徒たちが ①根拠に基づいた推測、アイデアづくりができるようになる ②モノに基づいて一貫性のあるコミュニケーションができるようになることを目的に設計されている。 ここでは、ワークショップの概要と考察を紹介する。

 

詳しくは コチラ