ARCHIVES

岡山県立美術館 VT(ヴィジュアル・シンキング)研修

2010.09.21

MUSEUMEDUCATION

概要

岡山県立美術館にて美術館のボランティアスタッフと岡山県下の学校教員を対象とした研修会を行いました。本センターから講師として福と伊達が招かれ、また芸術表現・アートプロデュース学科の2年生2名が講師補助として同行しました。
研修会では、アートとコミュニケーションはどちらも投げ手と受け手がいてはじめて成立する「コト」であり、特に受け手が担っている役割から、作品と鑑賞者の関係や対話型の鑑賞について考える講義を行ないました。また、美術館のボランティアスタッフの方々のナビゲイションで鑑賞を行い、ナビゲイションに対する講評を行いました。
今回の研修会を企画された、岡山県立美術館主任学芸員の岡本裕子さんからの報告レポートを掲載いたします。

 

報告レポートはこちら → 岡山レポート.pdf

開催年月日

2010 / 5 / 16

開催場所

岡山県立美術館

実施者

福のり子・伊達隆洋・ASP学科学生(似内達吉・依田みずき)