BOOKS

アート・コミュニケーション研究センターでは、今までに行ってきた活動の報告書と主な活動コンテンツを紹介・販売しております。

どこからそう思う? 学力をのばす美術鑑賞 ヴィジュアル・ シンキング・ ストラテジーズ

2,700円(税込)

「VTS — Visual Thinking Strategies」とは、本センターが2011年から2012年にかけて開催した連続セミナーの講師であるフィリップ・ヤノウィン氏(元ニューヨーク近代美術館教育部部長)が開発した、アートを通じて鑑賞者(学習者)の「観察力」「批判的思考力」「コミュニケーション力」を育成する教育カリキュラムです。対話を介してグループで作品をみる鑑賞方法を提唱するVTSは、算数、社会、理科など他教科へも応用できるメソッドであるところが特長です。本書は小中学校の先生方や美術関係者、コミュニケーションを通した学習に興味のある方に向けて、きわめて実践的な内容になっています。また、巻末の付録には本センター代表の福のり子、研究員の伊達隆洋による対話型鑑賞についての対談も収録されています。

書籍のご購入はこちら

みる・考える・話す・聴く 鑑賞によるコミュニケーション教育

非売品

本センターと島根の美術教育関係者によるグループ「みるみるの会」が協同で制作した、教科書副読本です。2013 - 14年にかけて、全国小中学校の図工・美術科へ配布されました。ACOPの方法論と実践例をもとに構成されており、アート作品の面白さと、それを深めるコミュニケーションの重要性が体感できる「絵本」のような仕組みとなっています。コミュニケーションによる鑑賞教育のみならず、「鑑賞によるコミュニケーション教育」の可能性を提案する本書は、昨今の「アクティブ・ラーニング」などの教育改革にもヒントを示すものです。在庫・配本については、日本文教出版社へお問い合わせください。

ひらけ、アートのヒミツ基地! - みんなで探検ブック –

非売品

本センターが、一般財団法人おおさか創造千島財団より依頼を受け制作した、鑑賞ガイドブックです。2015年、大阪市の北加賀屋地区に位置するMASK(MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)で開催された展覧会『Open Storage 2015』にて、来場者に配布されました。宇治野宗輝、やなぎみわ、ヤノベケンジらの大型作品を対象に、「家族・友人と対話しながら鑑賞を深める」ことをコンセプトとして構成されています。一問一答式の鑑賞ワークシートや解説型のオーディオガイドが多いなか、来場者のコミュニケーションを活性化させる新たなツールとしての鑑賞ガイドブックの可能性を提案しました。

2016年度アート・コミュニケーションプロジェクト報告書

1,000円(税込)

ACOPに関する報告書の第13号。ACC研究員および参与観察者による論考、上回生メンターを含む全学生のレポート他、本学アートプロデュース学科4回生のACOPに関連する卒業論文(学長賞受賞論文)、本センターが行った学外の連携事例を多数収録している。

2015年度アート・コミュニケーションプロジェクト報告書

1,000円(税込)

ACOPに関する報告書の第12号。ACC研究員および参与観察者による論考、上回生メンターを含む全学生のレポート他、本学アートプロデュース学科4回生のACOPに関連する卒業論文、本センターが行った異分野との連携事例を多数収録している。

2014年度アート・コミュニケーションプロジェクト報告書

1,000円(税込)

ACOPに関する報告書の第11号。表紙を一新。ACC研究員および参与観察者による論考、上回生メンターを含む全学生のレポートの他、「社会教育プロジェクト」「学術研究」など、ますます広がる異分野との連携事例を多数収録している。

2013年度アート・コミュニケーションプロジェクト報告書

1,000円(税込)

ACOPに関する報告書の第10号。ACC研究員による論考、上回生メンターを含む全学生のレポートの他、など、多角的な実践レポート・考察を掲載。また、保育園児に対する年間を通じた実践やビジネスパーソン向けセミナー受講者によるレポートなど、ACOP応用の多彩な事例報告を収録している。

2012年度アート・コミュニケーションプロジェクト報告書

700円(税込)

ACOPに関する報告書の第9号。全学生のレポートの他、上回生メンターやACC研究員による論考、連続セミナーVTS修了生の活動報告など、多角的な実践レポート・考察を掲載。また、新たな展開として、企業内での人材育成プログラムへのACOP応用について、事例報告を交えながら研究協力者による分析を行っている。

2011年度アート・コミュニケーションプロジェクト報告書

700円(税込)

ACOPに関する報告書の第8号。ACC所属研究員および招聘研究者による論考、上回生メンターを含む全学生のレポートの他、連続セミナーVTSの総括報告など多彩な実践レポートを掲載。

2010年度アート・コミュニケーションプロジェクト報告書

500円(税込)

ACOPに関する報告書の第7号。アメリカのNPO・VUE所属研究者による論考、全学生のレポートの他、学生・研究員の多彩な実践レポートを掲載。

2009年度アート・コミュニケーションプロジェクト報告書

500円(税込)

ACOPに関する報告書の第6号。学芸員や動物園職員、若手研究者などによる論考、全学生のレポートの他、美術以外の領域にも及ぶ豊富な実践レポートを掲載。

2008年度アート・コミュニケーションプロジェクト報告書

500円(税込)

ACOPに関する報告書の第5号。表紙を一新。アメリア・アレナスによる鑑賞者分析など複数の論考、全学生のレポートの他、豊富な実践レポートを掲載。

2007年度ACOP・鑑賞者研究プロジェクト報告書

500円(税込)

ACOPに関する報告書の第3号。京都大学メンバーによる対話型鑑賞についての分析報告やアメリア・アレナスによる鑑賞者分析、全学生のレポート等を掲載。

2006年度ACOP・鑑賞者研究プロジェクト報告書

残部わずかにつき要問い合わせ

ACOPに関する報告書の第3号。京都大学メンバーによる対話型鑑賞についての分析報告やアメリア・アレナスによる鑑賞者分析、全学生のレポート等を掲載。

2005年度ACOP・鑑賞者研究プロジェクト報告書

残部わずかにつき要問い合わせ

ACOPに関する報告書の第2号。報告書紙面で掲載しきれなかった、鑑賞者アンケートや鑑賞会の感想等が全て入っているCD-ROM付。

2004年度鑑賞者研究プロジェクト報告書

残部わずかにつき要問い合わせ

ACOPを開始した初年度、第1号の報告書。全学生のレポートやアンケート回答等を掲載。

上記の『ACOP報告書』購入をご希望の方はCONTACTのフォームにてお問い合わせ下さい

わたしたちがみた芸術と文化の現在2016

1,000円(税込)

芸術と文化に関するあらゆる疑問を元に学生自身が調査を行い、現状、可能性、課題などを考察した報告書の第1号。『「変わったこと」と「変わらなかったこと」』 など3つのテーマで5つの調査を収録。

わたしたちがみた当世美術館事情10(15年度美術館調査報告書)

1,000円(税込)

美術館の現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第10号。「美術館の『理想』と『現実』 」など4つのテーマで8つの調査を収録。

わたしたちがみた当世美術館事情9(14年度美術館調査報告書)

1,000円(税込)

美術館の現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第9号。「そもそも美術館は?」など3つのテーマで7つの調査を収録。

わたしたちがみた当世美術館事情8(13年度美術館調査報告書)

700円(税込)

美術館の現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第8号。「美術館と教育」など3つのテーマで6つの調査を収録。

わたしたちがみた当世美術館事情7(12年度美術館調査報告書)

700円(税込)

美術館の現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第7号。「世代」「人」「情報」をテーマに6つの調査を収録。

わたしたちがみた当世美術館事情6(11年度美術館調査報告書)

700円(税込)

美術館の現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第6号。「向き合う」をテーマに3章5つの調査を実施。東日本大震災の影響についても考察。

わたしたちがみた当世美術館事情5(10年度美術館調査報告書)

700円(税込)

美術館の現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第5号。「踏み込む」「支える」「踏み出す」の3つをテーマに5つの調査を収録。

わたしたちがみた当世美術館事情4(09年度美術館調査報告書)

完売しました

美術館の現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第4号。「いってみよう美術館」「ひらいてみよう美術館」など4つのテーマで7つの調査を収録。

わたしたちがみた当世美術館事情3(08年度美術館調査報告書)

700円(税込)

美術館の現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第3号。「これが美術館」「これも美術館」の2つのテーマで6つの調査を実施。

わたしたちがみた当世美術館事情2(07年度美術館調査報告書)

完売しました

美術館の現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第2号。「人と美術館のあいだ」など、多様なテーマで9つの調査を実施。

わたしたちがみた当世美術館事情(06年度美術館調査報告書)

完売しました

美術館の現状を様々な角度から調査・分析した報告書の第1号。「数値で見る美術館の現在」など、多様なテーマで10の調査を実施。

『わたしたちがみた当世美術館事情』はASP学科ウェブにてご注文を承ります

購入を希望される方はCONTACTのフォームよりお問い合わせ下さい。送信いただければ、代金の入金先・配送方法など当方より折り返しご連絡させていただきます。また2~3日中に返信がない場合は何かのトラブル等も考えられますので、お手数ですが、もう一度送信お願い致します。
※フォームから送信できない場合はこちらよりお願い致します。