NEWS

【告知】 「親父の小言ワークショップ in KANSAI :往生せずに往生するために」

2016.02.04

BUSINESSOTHERS

経営学習研究所(http://mallweb.jp/)、株式会社内田洋行(http://www.uchida.co.jp/)と昨年東京で共催しご好評いただいた「親父の小言ワークショップ」の続編を、2月27日(土)大阪で開催します。定年後も含め、今後の人生をいかに快適に過ごすかを考え、準備を始めるためのワークショップです。ふるってご参加ください。

>>>>>イベント概要<<<<<

=========================================
火は粗末にするな!? 風呂にはさっさと入れ!?
「親父の小言ワークショップ in KANSAI :往生せずに往生するために」
2月27日(土)13時~17時
株式会社内田洋行 大阪ユビキタス協創広場 CANVAS
申込サイトアドレス:
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01c6gty0bmf5.html
=========================================

関西の皆さん、出番ですよ!
昨年9月に東京にて開催したワークショップのバージョンアップさせ、
このたび、2月27日(土)に大阪で開催することになりました。

対象は前回同様、元気にはたらく男性(35歳以上ー60代まで)です。
※別途、同テーマで女性を対象とさせていただくワークショップを企画中です。
今回も男性に限定させて頂きますが、どうかご了承ください。

このワークショップは、「長い仕事人生」に区切りをつけた後、
「次の人生」も充実させて「大往生」するために、どんな準備や
心構えが必要かを考える実験的ワークショップです。

大往生のなかの「往」という漢字は、
 ①どんどんと前進する。さきに向かって行く。
 ②過ぎ去る。いってしまう。転じて、人が死去する。
 ③のち。それより後。
 ④おくる。ものを人に届ける。
といった意味を持っています。

先に向かって進んできた仕事人生には、同時に、過ぎていった過去の
積み重ねがあるはずです。
仕事人生を終えた後も、こうして積み重ねてきたものを誰かに
「おくる」「届ける」ように、充実感を感じながら、次の人生を
過ごせるようにいたしましょう。

どんなに華々しい仕事人生を送っても、次の人生で「立往生」して
しまっては、元も子もありません。
そして、仕事人生を終えたその翌日には、すぐに次の人生が始まります。

そこで、なるべく早い時期に、仕事人生の後にもまだまだ続く次の人生を
考える機会をもっていただきたく、本ワークショップを企画しました。

当日はまず、自分のまわりにいる親父のロールモデルを参考にしながら、
「こうなりたい」という理想のあり方、逆に「できればこれは避けたい」という
今後やってくる可能性のあるリスクについて、思いを巡らせます。

その後、やってくるリスクをどう充実感を感じながら乗り越えるか、
理想の姿に近づくために何が必要かを話し合いながら、これからの
自分に向けた「親父の小言」を書にしたため、まわりの親父たちと
共有していただきます。

おそらく多くの方が
「まだこの仕事人生すらどうなるかもわからないのに、
次のことなんて想像できないよ」と思われることでしょう。
でも、考えてみてください。教育機関を終えて、働き始めて、
今の年齢になるまでは「一瞬」ではなかったですか?
かくして、あっという間に次のタイミングはやってきます。

みなさんで、次への備えを整えましょう。
ふるってのご参加、お待ちしております。

ーーー

共催
 京都造形芸術大学 アート・コミュニケーション研究センター
 一般社団法人 経営学習研究所 中原ラボ・平野ラボ
 内田洋行教育総合研究所

日時
 2016年2月27日(土)13時~17時(開場は12時45分から)

会場
 株式会社内田洋行 大阪ユビキタス協創広場 CANVAS
 http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/osaka/index.html
 地下鉄谷町線・中央線「谷町4丁目駅」8番出口より徒歩8分

募集人数・参加費
30名/3,000円
チケットはお一人様ずつご購入ください。
(ご購入後返金はできませんので、くれぐれもご注意ください!)
軽食・ビール・ソフトドリンクなどご用意しますが、差し入れ大歓迎です。

内容
1.オープニング「親父の大往生ワークショップ」のはじまりと主旨
2.親父の「大」往生
3.親父の「立」往生
4.親父の「往生際」
5.親父の小言
6.クロージング

参加資格
働く35歳~60代の男性

参加条件
下記の諸条件をよくお読みの上、参加申し込みください。
お申し込みと同時に、諸条件についてはご承諾いただいて
いるとみなします。

1.本ワークショップの様子は、予告・許諾なく、写真・
ビデオ撮影・ストリーミング配信する可能性があります。
写真・動画は、京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター、
経営学習研究所、ないしは、経営学習研究所の企画担当理事が
関与するWebサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に許諾なく
用いられる場合があります。マスメディアによる取材に対しても、
許諾なく提供することがあります。

2.会場にクロークはございません。
お荷物の管理は自己責任でお願いいたします.

参加に際しては、上記をご了承いただける方に限ります。
以上、ご了承いただいた方は、下記のフォームよりお申し込みサイト
よりチケットをご購入ください。

なお、チケットが完売した際は、〆切まえであっても、
予告なく応募を停止する可能性がございます。あしからずご了承下さい。
また繰り返しになりますが、このたび、いったんご購入後は返金は
できませんので、くれぐれもご注意ください!

お申し込みWEBサイト
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01c6gty0bmf5.html

皆様とお会いできますこと愉しみにしております!