NEWS

【記事紹介】行きつ戻りつ,何度でも―鈴木有紀氏

2011.06.09

OTHERS

ACOP参与観察者のひとりで、愛媛県美術館普及担当学芸員の鈴木有紀氏が文化庁月報に寄稿されましたので紹介します。
「来館者が自分のペースですごせる展示づくり」を目指した同館のさまざまな取り組みやその意義について紹介されています。ぜひご覧ください。

文化庁月報 平成23年6月号(No.513) 記事はこちら