NEWS

アート・プロデュース論Ⅳ 佐藤優香氏 講義レポート

2012.08.07

OTHERS

京都造形芸術大学ASP学科「アート・プロデュース論Ⅳ」(通称:プロに学ぶ)では、毎回アート・プロデュースの各分野から、一線で活躍する「プロ」を招いてのレクチャーを開講しています。今回(7/11・7/18)は「ワークショップの専門家」として、佐藤優香氏にお越しいただき、2週連続の講義が行われました。

体験的な学びの場としてワークショップが注目されて久しいですが、反面、あまりに無規定にその言葉が用いられることも、ままあるように思われます。本講義は、「だれに、なにを、なんのために、どんなふうに、どんなときに」という観点から、あらためてワークショップを問い直す、重要な機会となりました。

本センタースタッフによるレポートは コチラ