NEWS

【活動紹介】 「みるを楽しむ!アートナビおかやま」

2016.09.27

MUSEUMOTHERS

13612362_1046294788757779_6390264599517450079_n

対話による芸術鑑賞やワークショップを支援し、アートと人、人と人をつなぐお手伝いをするボランティアグループ「みるを楽しむ!アートナビおかやま」。同グループのメンバーには、本センターが2011~2012年に開催した連続セミナー:ヴィジュアル・シンキング・ストラテジー(VTS) の修了生4名が参加されています。

2015年9月5日に設立され、今年度は公益財団法人福武教育文化振興財団より助成を受けられ、さらに、岡山県文化連盟の正会員として登録されました。

アートと人を対話でつなぐ
人と人をアートでつなぐ
アートを対話しながら楽しむ

上記3つのミッションをもとに、美術館や学校をはじめ、各地で活動されています。

「芸術鑑賞って敷居が高いけど気になるな、アートってよくわからないけど面白そう・・・そんな思いをお持ちの皆さんと、作品と対話し他の人と対話しながらだんだん作品と知り合いになっていくお手伝いをいたします。
美術館・ギャラリー・学校(学級・学年単位でも)・公民館などの他に、美術館にはなかなかいけないけれどアートを楽しみたいと思っているグループ、アートを楽しむためのワークショップなど、いろいろなニーズに対応できるようにしようと考えています。」  同グループFacebookページより

対話型鑑賞の取り組みが広がっています。同グループの今後の活動に、どうぞご注目ください。