NEWS

【終了】 「みる・考える・話す・聴く」刊行記念セミナー 開催!

2014.01.31

OTHERS

京都造形芸術大学 アート・コミュニケーション研究センターでは、このたび図画工作および美術教科のための副読本『みる・考える・話す・聴く:鑑賞によるコミュニケーション教育』を出版しました。その刊行を記念してセミナーを開催いたします。
 
1:「コミュニケーションによる鑑賞教育」および
  「鑑賞によるコミュニケーション教育」の背景となる考え方のレクチャー
2:副読本の内容を実際に体験するワークショップ
3:現役の教員による学校現場での実践と評価についての事例報告
4:グループディスカッションによる「明日から使えるコミュニケーションを変える方法」の検討
 
以上4つのプログラムからなる本セミナーは、副読本をより深く理解したい、自らが体験してみたい、生徒だけでなく自分自身のコミュニケーション能力の向上を目指したい、そして実践と研究をともにする仲間を探したいと思われている、多くの先生方のためのセミナーです。
 皆様のご参加を、心からお待ちしております。

お申し込み&セミナー詳細は コチラ

--

セミナー概要

日時 : 2014年3月22日(土)
場所 : 京都造形芸術大学
   ※ 学外者用の駐車場はございません。来学には公共交通機関をご利用下さい。
     詳しいアクセスは http://www.kyoto-art.ac.jp/info/about/access/ 

対象 : 「鑑賞教育」「コミュニケーション教育」に関心をもっている方
定員 : 60名
参加費 : 5000円
懇親会費 : 2000円(希望者のみ)
講師 : 福 のり子 (京都造形芸術大学 教授 / 美術教育学、アート・コミュニケーション)
   伊達 隆洋 (京都造形芸術大学 准教授 / 臨床心理学)  
   北野 諒  (京都造形芸術大学 講師 / 美術教育学、現代美術)
   春日 美由紀、房野 伸枝、正田 裕子、小川 寛子、金谷 直美、上坂 美礼、澄川 由紀
   (みるみるの会 : 島根県公立小・中学校教諭による、対話型鑑賞の研究・実践グループ)

主催 : 京都造形芸術大学 アート・コミュニケーション研究センター
協力 : 株式会社淡交社