NEWS

【告知】刊行 『学力をのばす美術鑑賞 ヴィジュアル・シンキング・ストラテジーズ : どこからそう思う?』

2015.01.15

OTHERS

本センターが2011年から2012年にかけて開催した、連続セミナー:ヴィジュアル・シンキング・ストラテジー(VTS)の講師であるフィリップ・ヤノウィン氏(元ニューヨーク近代美術館教育部 部長)が、対話型鑑賞に関心のある学校関係者に向けて『Visual Thinking Strategies』(ハーバード大学出版局刊行)を2013年に執筆しました。

このたび同著を本センターが翻訳し、『学力をのばす美術鑑賞ヴィジュアル・ シンキング・ ストラテジーズ:どこからそう思う?』として、本日1月15日に淡交社より発売されました。すでにAmazonでは、芸術教育カテゴリ / 図工・美術カテゴリのベストセラー1位にランキング、「クリエイティブを刺激する
デザイン情報WEBマガジン」JDNにて紹介されるなど、多くの方々にご注目いただいております。

VTSとは、グループの対話を介した美術鑑賞法です。アートを通じて鑑賞者(学習者)の「観察力」「批判的思考力」「コミュニケーション力」を育成するこの教育プログラムは、美術だけでなく算数、社会、理科など他教科へも応用できるメソッドであるところが特長です。

本書は主に、「そもそも対話型鑑賞って何?」「対話型鑑賞には関心はあるが、どうやって導入したらいいのかわからない」と思われている小中学校の先生方や美術関係者、コミュニケーションを通した学習に興味のある方に向けて、きわめて実践的な内容になっています。また、巻末の付録には本センター代表の福のり子、研究員の伊達隆洋による対話型鑑賞についての対談も収録されています。

淡交社HPほかインターネット、お近くの書店などにて是非お求めください。
 

VTS.jpg

『学力をのばす美術鑑賞 ヴィジュアル・ シンキング・ ストラテジーズ:どこからそう思う?』
著者:フィリップ・ヤノウィン
翻訳:京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター
出版:淡交社
価格:2700円(税込)
淡交社オンラインショップでのお求めは こちら